舞台「私のホストちゃん」

Introduction イントロダクション

イントロダクション

人気モバイルゲームからドラマ化、そして今秋いよいよ舞台化

草食系に始まり弁当、ロールキャベツ、オカン、ゆるゆる、オタク系と軟弱化していくモテ男子。そんな巷で増殖する、ゆる系男子を尻目に自身の持つ才能を極限まで磨き、王子様系、オラオラ系、天然系、野生系と様々なタイプのホストが売上N0.1を目指し、日夜繰り広げられる肉食系男子のガチンコ対決、それがホストクラブの世界。
そんなホストクラブの世界を詳細にリサーチしてノンフィクションスタイルで構成されたドラマ「私のホストちゃん〜しちにんのホスト〜」(テレビ朝日2011年10月4日から2012年3月27日)は、リアリティのあるホスト業界と生き残りをかけた凄まじいバトルを描き、登場するホストの魅力的なキャラクターは幅広い女性層から支持を得ました。
このドラマは女性ユーザー50万人を超えるAmebaの人気モバイルゲーム「私のホストちゃん」をもとにドラマ化され、新宿を舞台にクラブバニラで繰り広げられるNo.1ホストの争奪、そしてオーナー・甘王の「最下位はクビ」という厳しい条件にホスト達は生き残りをかけた激しいバトルを繰り広げていきました。
今公演はドラマの設定をもとに待望の初舞台化。ホストのきらびやかで厳しい世界を面白おかしくドキュメンタリータッチで描き、舞台ならではの臨場感と新キャストを加えたオリジナルストーリーで展開します。

舞台「私のホストちゃん」あらすじ

ドラマ版「私のホストちゃん」の舞台、クラブバニラに、新人ホスト・霧都(山本裕典)がやってくるところから物語は始まる。

霧都がホストのイロハを学んでいく中、歌舞伎町を揺るがす大事件が巻き起こる。大阪・ミナミの人気クラブ「ビビッド」が、歌舞伎町に移転してくるという!そしてビビッドのナンバー1に君臨していたのは、以前バニラを追い出されたホスト・影規(松下優也)であった・・・。より女心を掴む店はどっちだ!?こうして東京VS大阪の、バトルが幕を開く!

舞台版では、ホストクラブの指名制度を大胆に取り入れたポイントシステム『ホスモバ』や出演ホストの人気ランキングによってエンディングが日替わりで異なる、マルチエンディングなど、数々の仕掛けでホストちゃんの世界観を作り上げていきます!